×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大正野球娘。 第04話「これから」


 大正野球娘。 第04話「これから」の感想です。

 丸々一話かけて、前回の惨敗から再出発までの流れを描きましたね。
 ここまでがプロローグで、ここからが本編といったところでしょうか。

 今回の見所は小梅が晶子を奮い立たせるシーンに尽きますね。
 「本当に覚悟出来る?」という小梅の台詞に、「女に二言はありません」と晶子が返すところが格好良いです。
 そのすぐ後の巴のくだりがギャグなせいで、せっかくのシリアスなムードがダイナシだったりしますけれどw

 今回で皆の意思もひとつとなり、サブタイトルどおりまさに「これから」な桜花會。
 ――あれ? 一人、足りない?

 そんなこんなで次回に続きます。




































<第05話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>