×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大正野球娘。 第10話「私は何をする人ぞ」


 大正野球娘。 第10話「私は何をする人ぞ」の感想です。

 今回は合宿。
 今まであまり出番がなかった鏡子に焦点を当てた回でした。

 視聴した感想としては素晴らしいの一言ですね。
 別段目新しい何かがあったという訳ではないのですが、一つ一つのシーンの密度が濃く、視聴者を退屈させない出来でした。
 まさしく始めから終わりまでがあっという間に過ぎたという感じです。

 鏡子をメインに据えたのも正解でしたね。
 彼女の前半での空回り具合や、自分が皆の足を引っ張っているのではという悩みがあればこそ「何かを始めるのに遅すぎるということはない」という作中の台詞に説得力を持たせられたかと思います。

 次回はいよいよ試合――の筈ですが、予告を見る限り一悶着ありそうな感じです。


































<第11話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>