×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Steins;Gate 第11話「時空境界のドグマ」


 Steins;Gate 第11話「時空境界のドグマ」の感想です。

 ヽ(*゚д゚)ノカイバー

 ブラウン管工房に置かれていた42型のブラウン管が電話レンジのリフターの役目を果たしていたことが判明。
 これによりリフターにあたる物が不明だったことと、Dメールを送れる時間が限られていたことの謎が明かされました。
 合点がいったものの随分と唐突な種明かしでしたね。あっさり明かしたということは、それほど重要ではないということでしょうか?

 物理的なタイムトラベルは不可能でも、タイムリープ――記憶だけならDメールで送ることが可能かもしれないと話す紅莉栖。
 岡部は彼女の案を採用。記憶をデータ化する装置を組み立てるのに必要なパーツを秋葉原で集めることに。
 タイムリープはいいのですが、必要な部品が秋葉原で揃えられるところに心中でツッコミを入れてしまいましたね。アキバどんだけ凄いんだw
 あと疑問なのが出力した記憶を入力する方法ですね。従来のDメール同様に携帯電話? いやでも圧縮したデータを解凍して〜〜って感じになるから容量的に無理がありますね。となると、ハードディスクなどといった大容量の記憶媒体を使った方法ですかね?
 
 実験に不安を覚えるまゆり、タイムリープという言葉に反応する萌郁、「牧瀬紅莉栖はSERNと通じている」と告げて去っていく鈴羽。
 まゆりは度々不安を煽ってきますね。いやーな予感がしてなりません。
 相変わらず思わせぶりな行動だけで立ち去っていく萌郁さん。彼女の正体が明らかになるのはいつになることやら。
 紅莉栖がSERNのスパイだっていう可能性は一概に否定できませんね。タイムマシンを頑なに否定しているのは何か理由があってのことでしょうし……彼女はまだ何かを隠してるのではないかと。

 父親が自分のことを憎んでいるという紅莉栖。話を聞いた岡部は紅莉栖と父親の和解に手を貸すことを約束する。
 紅莉栖のヒロイン度がうなぎ上りっ!? プリンのことで喧嘩している様を見ていると、なんだかもうまゆりに勝ち目が無いような……やはり幼なじみは負け属性なのか。
 
 買い出しの途中、「おまえは知りすぎた」という脅迫めいたメールを受け取る岡部。急いでラボに戻ると、そこには入浴中の紅莉栖とまゆりの姿が。
 前回に続いて今回も脅迫のメールとは。やばい雰囲気をひしひしと感じますね。サービスシーンに浮かれている場合じゃありません。

 ダルが言うには、いつの間にかラボのPCがSERNと繋がっているとのこと。
 脅迫メール、SERNの動向、そしてタイムリープと盛り上がってきました。
 次回が待ち遠しいですね。

STEINS;GATE Vol.3【初回限定版】 [Blu-ray]
STEINS;GATE Vol.3【初回限定版】 [Blu-ray]

STEINS;GATE Vol.4【初回限定版】 [Blu-ray]
STEINS;GATE Vol.4【初回限定版】 [Blu-ray]


<第12話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>