×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


TIGER & BUNNY 第07話「The wolf knows what the ill beast thinks.」


 TIGER & BUNNY 第07話「The wolf knows what the ill beast thinks.」の感想です。

 神回でしたね。

 ウロボロスの手がかりとなる人物を青い炎を操るNEXTに殺されてしまい、意気消沈するバーナビー。尋常でない彼の様子を見て、虎徹とネイサンはバーナビーの過去を調べることに。
 今までのクールなキャラから一転、感情を露にするバーナビーの姿が印象的でした。
 バーナビーが子供の頃に両親を殺されていることを知り、複雑な表情を見せる虎徹。バーナビーの「親を殺されている〜〜」という台詞に被せて虎徹の家族の写真が映ったということは、やはり奥さん絡みでしょうか?
 
 連絡の取れないバーナビーに代わってブルーローズに協力してもらい、ヒーローショーに出演する虎徹。
 今までで一番ブルーローズが可愛かったような……メイン回の4話とは何だったのか?
 ノリノリのブルーローズに虎徹が振り回される様子が面白かったですね。決め台詞のポーズのあまりの格好悪さには笑いました。
 
 ショーが終わった後、虎徹はアポロンメディアのCEO「マーベリック」に誘われて、斎藤さんが開発した酸素カプセルを試すことに。
 虎徹と斎藤さんは完全にギャグなので置いといて。
 マーベリックは怪しいですね。どう見てもバーナビーを洗脳しているようにしか見えませんでした。
 
 犯罪組織のアジトを発見したとの報せが入り、出動するヒーロー達。
 突入前の虎徹とバーナビーのやり取りが良かったです。回を重ねるごとにコンビらしくなっていくところが素晴らしい。バディもののお約束ですね。
 青い炎を操るNEXT「ルナティック」が登場してからの流れは圧巻の一言。特にバーナビーとルナティックの戦闘が凄かったですね。スピード感溢れる戦闘シーンは燃えます。
 そしてシリアスな場面でも笑わせてくれる虎徹さん。「顔にグローブ付いてるぞ」はひどいwww
 
 Cパートでルナティックの正体が裁判官を勤める青年「ユーリ・ペトロフ」であることを暗示して次回に続く。
 次回はまさかの折紙さん回! これは弥が上にも期待が高まりますね。

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 3 (初回限定版) [Blu-ray]
TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 3 (初回限定版) [Blu-ray]

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 4 (初回限定版) [Blu-ray]
TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 4 (初回限定版) [Blu-ray]


<第08話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>