×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


TIGER & BUNNY 第03話「Many a true word is spoken in jest.」


 TIGER & BUNNY 第03話「Many a true word is spoken in jest.」の感想です。

 バーナビーの密着取材に付き合わされる虚徹。その途中、ビルに爆弾が仕掛けられたとの報せが入る。
 現場に居合わせた虎徹とバーナビーの二人が爆弾を処理することに――といった内容。
 
 虎徹とバーナビーの対比を描いた回でした。
 ビジネスライクで理論派のバーナビーと正義感が強く考え無しの虎徹。一見正反対でありながら、その実二人が似た者同士な様子が巧みに描かれていました。

 伏線の張り方が実に見事でしたね。
 勘で動く虎徹、理論派のバーナビーというイメージ通りのキャラクターを描きつつ、Bパートの爆弾処理の場面では、虎徹が筋道立てて理由を説明したり、バーナビーが行き当たりばったりな行動をしてみせたりと、お互いの役割を反対に描いている点には感心させられました。
 
 あとCパートの終わり方が上手いですね。
 ワイルドタイガーがインタビューでバーナビーについて語っている映像がまさに「Many a true word is spoken in jest.(嘘から出た真実)」というサブタイトルどおりになっているとは。
 
 次回はブルーローズが主役。
 虎徹やバーナビー以外のヒーローにもスポットライトを当てていくようで何より。次回も楽しみですね。

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 1 (初回限定版) [Blu-ray]
TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 1 (初回限定版) [Blu-ray]

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 2 (初回限定版) [Blu-ray]
TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 2 (初回限定版) [Blu-ray]












<第04話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>