×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


TIGER & BUNNY 第12話「Take heed of the snake in the grass.」


 TIGER & BUNNY 第12話「Take heed of the snake in the grass.」の感想です。

 牛角さんの扱いがひどすぎる件。

 折紙サイクロンのおかげで敵のアジトを突き止めるも、虎徹のミスのせいでジェイクを取り逃がしてしまう。その後、市長達のもとへ乗り込んできたジェイクは自分とヒーロー達の戦いをTVで流すように要求する。
 スカイハイ、ロックバイソン、ワイルドタイガーの三人が敗れ、次はバーナビーというところで次回へといった流れ。

 折紙サイクロンの救出が話のメインかと思っていたのですが全然違いましたね。予想外でしたが、良い意味で期待を裏切られた気分ですね。内容的には満足、むしろ早く続きが観たくて仕方ありません。
 
 ジェイクとクリームの二人のノリのよさには驚きました。あれじゃテロリストというより、愉快犯ですね。何だかますますウロボロスがわからなくなってきましたw
 組織……ですよね? ジェイク達が好き勝手にやっている様子を見ると、何だかそんなに大したものじゃないような気がしてなりません。

 ジェイクとヒーロー達の戦いをショーに仕立てたのはTIGER&BUNNYらしいですね。
 いきなり最強がやられるのはお約束、牛角さんがシリアスなシーンでもネタキャラ扱いされるのもまぁ、お約束?
 ジェイクの能力が謎めいているのが気になりますね。虎徹の本名を知っていたことと「聞こえている」といった台詞から察するに、心を読む類の能力でしょうか?
 
 ジェイクの能力の正体、虎徹とバーナビーの確執、人質となっている市民の救出、と次回も密度の濃い内容になりそうで楽しみですね。

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 3 (初回限定版) [Blu-ray]
TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 3 (初回限定版) [Blu-ray]

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 4 (初回限定版) [Blu-ray]
TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 4 (初回限定版) [Blu-ray]





<第13話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>