×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


TIGER & BUNNY 第13話「Confidence is a plant of slow growth.」


 TIGER & BUNNY 第13話「Confidence is a plant of slow growth.」の感想です。

 いい最終回だった。

 バーナビーとジェイクの戦いをメインに、その裏でパワードスーツを止めるために女性?三人が動くという流れ。
 
 ジェイクの能力の正体、虎徹とバーナビーの確執、人質の解放と、これまで張った伏線を綺麗に解消しての決着でしたね。まるで今回が最終回のようでした。
 
 ジェイクの能力は大方の予想どおり心を読む能力でした。意外だったのは、能力を二つ持っていることですね。一人に一つが基本だけど例外もある、と。
 読心能力の破り方が素晴らしかったですね。バーナビーの窮地に現れた虎徹が実に格好良かったです。傷ついた身体をおして相棒のもとへ駆けつけたり、「俺はお前を信じていた」なんて台詞を衒いもなく言い放ったりと、ベッタベタなんですけど熱いんですよね。
 
 終わってみればジェイクはただの小物でしたね。前回と今回の途中までは余裕綽々だったのに、能力を破られて一撃入れられた途端、あそこまで弱体化するとはw
 ジェイクとクリームはあのままヘリの爆発に巻き込まれて死亡したのでしょうかね? 実は生きていて再登場する可能性もありそうですが、そこは新展開次第ですかね。

 ヒーロー達の活躍によりジェイクは倒され、市民は解放されて一件落着。
 虎徹とバーナビーの関係も「おじさん」から「虎徹さん」へと呼び方が変わるなど、1クールの締めに相応しい、清々しい気分になれる一話でした。
 次回からはまた個々のキャラクターにスポットを当てた回になりそうです。予告を見るに、ブルーローズがメインのようですね。


TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 3 (初回限定版) [Blu-ray]
TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 3 (初回限定版) [Blu-ray]

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 4 (初回限定版) [Blu-ray]
TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 4 (初回限定版) [Blu-ray]





<第14話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>