×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大正野球娘。 第07話「麻布八景娘戯」


 大正野球娘。 第07話「麻布八景娘戯」の感想です。

 お話は楽しいんだけれど野球あんまり関係ないよね。
 まぁ、原作からしてそうか……

 今回は巴に付き合っての「辻打ち」から始まって、なし崩し的に泥棒退治をする羽目になるといった構成でした。

 個人的には小梅が巴と二人で「辻打ち」をしていることが、晶子にバレてしまったところが良かったですね。
 小梅を巡って火花を散らす晶子と巴に萌えます。いいぞ、もっとやれ!
 逆に泥棒との追いかけっこはちょっと冗長な印象でした。別に無理して全員登場させずとも、小梅、巴、晶子の三人だけでも良かったような気がします。
 (でも、そうすると胡蝶の出番が無くなってしまうのか……難しいところですね)

 あとはラストのオチですかね。
 自信満々で投げた魔球を巴にあっさりと打たれた晶子の表情が何とも言えませんでした。


































<第08話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>