×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ストライクウィッチーズ2 第02話「伝説の魔女達」


 ストライクウィッチーズ2 第02話「伝説の魔女達」の感想です。
 
 白スク、邪気眼、日本刀――坂本さん、もう二十歳だってのに……
 
 話は前回の続きから。目的地のロマーニャを目前にして、大型ネウロイに襲撃される芳佳達。
 ネウロイの攻撃を受けてピンチ→近場に居合わせた艦隊がネウロイと交戦→艦砲射撃ではネウロイを倒すことは不可能なため、芳佳達も出撃することに。といった展開。
 艦隊の砲撃、着弾の描写に気合が入っていたことに驚きました。こだわり、という奴ですかね。ネウロイに対して効果がないのはお約束ということで。
 芳佳が出撃した後すぐ、坂本さんのストライカーユニットにトラブルが起きた場面にはちょっと笑ってしまいました。まぁ、これもお約束ですね。

 ストライカーユニットも履かずに、生身でネウロイのコアをぶち抜く坂本さん。
 坂本さんの見せ場・その1。マントの下は白いスクール水着(のようなもの)でした。格好だけでなく、その後の行動も凄かったですね。
 ネウロイのビームを刀で斬りながら突っ込んで、そのまま撃墜するとは。1期の戦闘面での空気っぷりが嘘のような活躍です。
 
 コアがまだ残っていたため再生していくネウロイ。芳佳がコアを破壊しようとしますが、コアを移動されてしまい、打つ手なしの状況に。
 ここで全員登場。シャーリーとルッキーニを皮切りに、順番に501のメンバーが集まってくるところはベタながら良い演出ですね。 
 第01話冒頭のシーンの映像から、坂本さんの見せ場・その2へと繋ぐ流れも非常に上手いと感心させられました。
 
 第501統合戦闘航空団を再結成したところで次回へ続く。
 次回は予告を見るに、芳佳、リーネ、ペリーヌがメインでしょうか?













<第03話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>