×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


スーパーロボット大戦OG −ジ・インスペクター− 第06話「桜花幻影」


 スーパーロボット大戦OG −ジ・インスペクター− 第06話「桜花幻影」の感想です。

 後々のイベントの為の下準備な一話。
 ここでアクセルが転移してくるのか。なるほど。
 
 ハガネに回収されたアラドが目を覚ましたところから。
 アラド個人に関して語ることってありますかね? 大食いと運が良いくらいしか記憶に無いような……OGだとアラドはゼオラとセットなせいか、どうにも単体での印象が薄いですね。
 
 アースクレイドルで再調整を受けるゼオラ。
 どう見ても洗脳です。こういうフラグはワクワクしますね。アラドやラトゥーニがゼオラをどうやって救うのか、と先の展開に期待が持てます。
 
 アラドを何とかしてやりたいと考えるハガネのクルーの態度に、不可解なものを感じるラミア。
 彼女の内面の描写にけっこう尺を使いますね。この伏線が活きてくるのは大分後になってからでしょうが、序盤の内に丁寧に描写しておくのはアリかと。
 
 ハガネを襲撃するノイエDCの部隊。
 オウカとラピエサージュが登場。ラピエサージュってラミアが送ったデータを基に造られた機体じゃありませんでしたっけ? まぁ、細かいことは気にしない方向で。
 ラミアの方もここでエキドナと接触。少し話が進んだという感じでしょうか。

 最後にアクセルがこちらの世界に転移して来て次回へ続く。
 次回はシャイン王女の話でしょうか? そろそろライのターンですね。





















<第07話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>