×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


スーパーロボット大戦OG −ジ・インスペクター− 第05話「DCの名の下に」


 スーパーロボット大戦OG −ジ・インスペクター− 第05話「DCの名の下に」の感想です。

 プロジェクトTDキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
 毎回毎回、新キャラが登場することにツッコミを入れたら負けな気がしてきた……
 
 シロガネのピンチに駆けつけるイルムとグルンガスト。はいはい新キャラ、新キャラ。
 スレードゲルミルとの戦闘で、パーソナルトルーパーと特機のサイズ差を改めて認識しましたね。と言いますか、そんなにサイズ差があったら勝負にならないだろ、と。
 あとイルムがおいしいところを持っていってしまいましたね。まさか蹴りをかますとはww

 プロジェクトTDの面々が初登場。
 アイビスの登場に狂喜乱舞してはみたものの、現時点でキャラが多すぎる上に、原作ゲームでアイビスの話は全然進んでいない、と冷静に考えると空気化フラグが立ちすぎていますね。
 まぁ、でもここは素直に登場してくれたことを喜びましょう。一話か二話くらいは主役の回があるかもしれませんしね。で、EDにアイビスに入れなかったのはどういう了見なんですか? スタッフさん、え?

 あとは事後処理と伏線的な会話シーンのみ。
 後からやって来たダイテツに「お前もう必要ないからww」宣言されたリー、超機人の話、ラミアとカイの会話あたりは、どう考えてもフリですね。
 DCサイドはゼオラが順調に病んでるようで何より。いや、何よりじゃ無いですけどw あとアラドが生きていたのはお約束。

 ラストはバン大佐がノイエDCの結成を宣言して次回へ続く。
 次の新キャラは誰かなー?



















<第06話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>