×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


スーパーロボット大戦OG −ジ・インスペクター− 第21話「眠れ、地の底で」


 スーパーロボット大戦OG −ジ・インスペクター− 第21話「眠れ、地の底で」の感想です。

 合体攻撃とか、R2のパンチとかゲームに逆輸入してくれww

 アースクレイドルの迎撃部隊と交戦するクロガネ勢。
 SRXとエクスバイン、R-GUNとガンナーの合体攻撃にはしびれましたね。こういったアニメオリジナルのネタは大歓迎です。是非ともゲームにも逆輸入してもらいたい。
 クロガネのドリルはお約束。誰もがやってくれると信じていたかと。対シロガネはカットされてしまいそうなので、ドリルの見せ場はこれで終わりですかね。
 ゼンガーとウォーダンは刃を合わせたところまで。続きは次回ですね。

 アースクレイドル内部。待ち構えていたアーチボルドと会話の後、戦闘へ。
 三度目のグラヴィリオン(ですよね? あれ)。ジカンスパーダどこ行った?という感じですが、これはこれでアリですね。ネタ的な意味で。
 再三に渡って言っていますが、アーチボルドは良い悪役ですね。純粋悪な敵役が少ないスパロボでは貴重なキャラかと。あと声優さんの演技が素晴らしいのもポイント。
 スパロボはもっとアーチボルドさんみたいなイカれた敵キャラを出すべきです。俺得ですので。
 アーチボルド戦では、さすがに因縁の相手だけあってブランシュタイン兄弟が目立っていましたね。特にレーツェルは台詞といい、グラヴィリオンのビームをマントで防ぐ映像といい、格好良いとしか言いようがありませんでした。

 アースクレイドル内のセトメ博士のラボへと向かうアラド、ゼオラ、ラトゥーニとシャイン王女。そこへオウカが駆るラピエサージュが現れ、攻撃を仕掛けてくる。
 ラピエサージュ一機にフルボッコでしたね。オウカは完全に洗脳されてしまった状態ですが、一方でセロ博士がオウカを助ける為に動いている様子。
 予告のカットを見るに次回で洗脳が解けそうな感じですが、いかんせんサブタイトルがですね……

 グラヴィリオン戦。アーチボルドはR-2を盾に取ってレーツェルを揺さぶろうとするが、兄弟の連携の前に敗北。R-2の一撃によりグラヴィリオンは破壊され、アーチボルドも爆発に巻き込まれて死亡する。
 あまりにも予想外な回避方法に一瞬何が起こったのかわかりませんでした。まさに変形機構の有効活用でしたね。
 そしてとどめ。ワイヤーで距離を詰めてパンチだなんて、クールなライのキャラに似合わない熱いノリでしたね。是非ともゲームにry(さすがにこちらは無理でしょうけど)
 
 次回もアースクレイドル。オウカ、ウォーダンの決着ですね。
 次回予告のナレーションが……辞世の句?




<第22話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>