×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


スーパーロボット大戦OG −ジ・インスペクター− 第20話「若き猛禽」


 スーパーロボット大戦OG −ジ・インスペクター− 第20話「若き猛禽」の感想です。

 話数大丈夫だろうか……?
 
 アースクレイドルへと向かうヒリュウ改とクロガネ。
 キョウスケがカスタム仕様のゲシュペンストで出撃したことにちょっと驚きました。リーゼ登場までゆっくりしていても問題ないと思うのですが……
 そして毎回のように出番があるサイバスター。今回ハイ・ファミリアを使ったので残るはサイフラッシュとコスモノヴァのふたつですね。最終回までに絶対に両方使うに違いありません。断言できます。

 ヒリュウ改の迎撃に姿を表すラピエサージュとビルトファルケン。ゼオラを救う為、アラドもビルガ―で出撃する。
 尺の都合からか会敵即説得でしたね。ほぼ原作どおりの流れでしたが、ゼオラの洗脳が解けるシーンは割と良い演出でした。
 洗脳が解けた後にもうちょっとアラドとの掛け合いがあっても良かったような気がしますね。その辺りは次回以降に持ち越しでしょうか?

 ビルガ―のスタッグビートル・クラッシャーでスリサズを、ファルケンとの合体攻撃“ツイン・バード・ストライク”でアンサズを撃破。
 マシンナリー・チルドレンの噛ませ犬っぷりと言ったらもう……あと一人残っていますが、彼が一番ひどいやられ方だったような気がしないでもない。
 TBSは何か物足りないと思ったら「アインス〜〜」の掛け声がありませんでしたね。もう1回くらい見せ場があることに期待しましょう。

 地中を潜行していたクロガネがアースクレイドルの目前に出たところで次回に続く。
 次回はゼンガ―VSウォーダン。あと予告を見るに、アーチボルドとの決着も付きそうですね。


















<第21話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>