×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


スーパーロボット大戦OG −ジ・インスペクター− 第13話「楽園からの追放者」


 スーパーロボット大戦OG −ジ・インスペクター− 第13話「楽園からの追放者」の感想です。

 ゼンガ―、レーツェル、ギリアムって冷静に考えると濃い面子だなぁ。
 
 前回ラストの続き。キョウスケとアクセルの一騎討ちから。
 途中で水を差されて終わるとわかっていてもライバル対決は燃えますね。現状だとアクセルが一方的に敵視しているだけで、ライバルという程の関係ではないのですがw キョウスケからして見れば「誰?」ですしね。
 二人の関係は追々といったところですかね。まだまだ先は長いですし。
 
 場面変わって、シャドウミラーの基地。レモンに回収されたラミアが目を覚ますシーン。
 ラミアの再登場が随分と早いことに驚きました。ハガネのクルー達がラミアの死を悼んだり、ラミアとは一体何者だったのか?とか考えたり、なんてシーンがあるかと思っていたのですがw
 まぁ、尺も限られていますし、スパロボだと“死んだと見せかけて、実は生きていた”なんて展開はざらですからね。それにラミアが戻ってこないと、シャドウミラーのことを説明する人がいませんものね。
 
 己の意思でハガネへと戻ることを決意したラミア。基地を脱出した直後、追撃に現れたアクセルと一対一での戦いへ。
 ヴァイサーガですよ、ヴァイサーガ。格好良いですよね。アンジュルグも嫌いではありませんが、やっぱりヴァイサーガですね。剣とマントの魅力には敵いません。
 ラミアとアクセルの戦闘もそこそこにレーツェル達クロガネの面々が加勢に。ギリアム、レーツェル、ゼンガ―と錚々たる顔ぶれでしたね。特にギリアム。無駄に格好良い機体といい、物語の鍵を握る重要人物っぷりといい、まるで主役じゃないですかw

 遅ればせながらハガネが駆けつけ、シャドウミラー勢は撤退。その後、ラミアがシャドウミラーについてクルーの皆に説明したところで次回へ続く。
 これでシャドウミラーという新たな敵の存在も明らかになりました。ノイエDCから始まって、謎の敵(アインスト)、インスペクター、そしてシャドウミラーと問題ばかりが増えていく現状。
 一応、これで敵側の顔見せは終わったので、あとはどう片を付けていくかですかね。









<第14話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>