×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


スーパーロボット大戦OG −ジ・インスペクター− 第12話「シャドウミラー」


 スーパーロボット大戦OG −ジ・インスペクター− 第12話「シャドウミラー」の感想です。

 石田三兄弟のヴィジュアルがががw
 
 物語は前回の続き、オペレーション・ハルパーにより地球連邦政府と伊豆基地でのクーデターから。
 こうしてグラスマンが大統領の地位を手にした訳ですが、彼がどうしてクーデターを起こすに至ったのかを理解している人がどのくらいいるんでしょうね? かく言う自分もあんまり覚えていないのがアレですが。
 ……ブライアン前大統領は異星人と和解するという選択肢もあるという考え方で、グラスマンはそれに異を唱えているという感じだったような。

 アラドとゼオラの対面。
 ゼオラ……いくら操られているとはいえ、話が通じないにも程があるでしょうにw 会話の一方通行っぷりにちょっと笑ってしまいました。
 ゼオラの洗脳が解けそうな希望が見えてきたところで、マシンナリー・チルドレンの皆さんが登場。……( ̄д ̄)エー。ヴィジュアル系ですね。わかります。

 シャドウミラーとハガネ勢のファーストコンタクト。
 展開はほぼゲームどおり。ラミアの裏切りから始まり、シャドウミラーの顔見せ、最後はラミアの自爆で締め。特筆すべき点は特にありません。ツヴァイザーゲインが格好良かったぐらいですかね。
 以前ちらっとだけ触れた”ヘリオス”の話はしませんでしたね。まぁ、システムXNの説明と合わせてそのうちにしてくれるでしょう。

 次回はキョウスケとアクセルの対決からですかね。予告にちらっと斬艦刀が映っていましたが……そろそろ親分登場でしょうか?




















<第13話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>