×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


スーパーロボット大戦OG −ジ・インスペクター− 第11話「ハルパーの鎌」


 スーパーロボット大戦OG −ジ・インスペクター− 第11話「ハルパーの鎌」の感想です。

 茹でダコw クスハ汁ww

 振り回。後の展開への下準備といった内容でしたね。
 連邦政府、インスペクター、ノイエDC、そしてシャドウミラーといった各勢力の思惑、繋がりがおぼろげながらも浮かび上がってきました。
 それにしてもイスルギ重工は黒いですね。連邦政府、ノイエDC&シャドウミラーに加えてインスペクターまでも“お客様”にしようとするなんて。商魂逞しいのは結構ですが、地球大丈夫か?と複雑な心境にもなります。
 
 ビルドビルガ―登場。
 独房に入れられて以来、出番がなかったアラドにもようやく光が。とは言え、次回はまだゼオラと会話をするくらいでしょうか? 確か、洗脳を解くイベントはもう少し先だった筈ですしね。
 ビルガーには是非とも次回でビクティム・ビークを使ってほしいですね。ゲームだとパージしたジャケットアーマーがいつの間にか復活しているで済ませていますが、アニメだとどうなることやら。

 次回はサブタイトルからして、アクセル達の話のようです。
 ヴィンデルがツヴァイザーゲインに乗ってやって来る場面が印象に残っているような……



























<第12話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>