×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


それでも町は廻っている 第09話「激突!大人買い計画」


 それでも町は廻っている 第09話「激突!大人買い計画」の感想です。

 ( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

 Aパートは「激突!妖精vs死神」。
 タッツンvs針原さんの卓球対決。タッツンの意外な才能が明らかに――といった話です。
 珍しく針原さんが大活躍な回でしたね。誰得?な気もしますが、噂の“死神の鎌”の由来がわかっただけでも今回の話には意味があったのでしょう。(下らないオチでしたがw)
 タッツンの“アレ”はスタッフのあざとさが見え隠れしていて何とも……。まぁ、オチを引き立たせるためにも必要だったのでしょう。

 Bパートは「大人買い計画」。
 廃れかけているドマイナーなお菓子“べちこ焼き”を存続させるため、過去の世界で工作するというSFな一話。原作第71話という記述から察するに、まだ単行本化されていないお話でしょうか。
 静香さんが主役とは珍しい。まぁ、べちこ焼きの謎に翻弄されるばかりで、大した活躍もないままでしたが。どちらかというと、あの時間旅行した男性が主役ですかね。
 こういうジャンルに囚われない話が出来るところがそれ町の良いところですね。だからアニメでも宇宙人回を……
 
 次回はどんな内容でしょうかね。
 予告はあてにならないので、放送されるのを楽しみに待つとしましょう。

























<第10話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>