×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


それでも町は廻っている 第05話「実に微妙な辰野トシ子」


 それでも町は廻っている 第05話「実に微妙な辰野トシ子」の感想です。

 ( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!
 
 Aパート「辰野トシ子は砕けない」。
 映画の試写会のチケットに当選したタッツン。片思いしている同級生、真田を誘おうとしますが、中々言い出せないままついに試写会当日に。
 タッツンの巨乳アピールがあざと過ぎる。そんな餌に釣られ――クマー!
 まぁ、タッツンの胸が大きい事は置いといて。真田と一緒に試写会に行くことは叶いませんでしたが、結果として目的を果たしているのが上手かったですね。
 
 Bパート「実に微妙なカード」。
 歩鳥の弟の小学生、猛がメインの話。クラスメイトの女の子とデートする話でしたとさ。
 アプローチを仕掛けてくる女子に対し、男子の方は“何がなんだかわからない”状態という、良くあるパターンのお話でしたね。
 猛に容赦なく腹パンを入れるエビちゃん、微妙なカードのくだり、最後のオチと随所の小ネタが楽しい回でした。

 来週は「パンドラメイドサービス」……サブタイからでは、どんな内容なのかさっぱりですね。
 まぁ、視聴すれば「こんな話もあったなぁ」と思い出すことでしょう。



























<第06話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>