×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


それでも町は廻っている 第01話「至福の店ビフォアアフター」


 それでも町は廻っている 第01話「至福の店ビフォアアフター」の感想です。

 もううんざりするくらいにシャフトだった。
 オープニングの出来が素晴らしい。

 それ町は一言で説明すると、主人公の女子高生、嵐山歩鳥の日常を描いたコメディーといったところですかね。
 面白いかどうかは人によりけりですが、コマの至るところに伏線や小ネタが仕込まれていて、再読性の高い作品なのは確かです。

 第01話は歩鳥のクラスメイトの辰野俊子がシーサイドでのバイトを決意する話と、バイトしていることが担任の教師にバレる話の2本立て。
 
 感想ですが、歩鳥とタッツンの中の人が合っていないな、と感じてしまいました。歩鳥はまだマシなのですが、タッツンは声優さんの癖が表に出過ぎていましたね。
 あとは演出。完全にいつものシャフトでしたね。奇抜な演出の筈なのにマンネリに感じてしまうというジレンマ。夏のあ●しの二の舞だけはごめん被りたいところです。

 まぁ、まだ始まったばかりですしね。これからに期待するとしましょう。
 紺先輩もまだ出てきていませんしね。あとジョセフィーヌ回。




























<第02話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>