×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第09話「台風一過・虚像ト実像」


 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第09話「台風一過・虚像ト実像」の感想です。

 何というパンツ回……いいぞ、もっとやれ!

 「ソラノヲト」第09話。台風による暴風雨の中、行方不明になった子供を捜して街を周る第1121小隊の面々とクラウス。
 無事、子供を救助することには成功したが、今度はクレハとクラウスの二人が二次災害に巻き込まれてしまい、二人きりで救助を待つことに。

 という訳で、今回のメインはクレハとクラウス。憧れの人の知られざる素顔、という物語では良くある内容でした。
 オチも含めて王道的だったと思います。

 今回はむしろ、本筋とは無関係なシーンが気になって仕方がありませんでした。
 ひとつはカナタ、クレハ、ノエルの三人が下着姿でおしゃべりしている場面。もうひとつはリオの伏線です。
 前者は本当に必然性がわからなかったのですが、まぁ、サービスといったところでしょうか。後者は次回あたりにでも決着が付きそうな予感がします。

 次回は随分と意味深なサブタイトル&あらすじ。
 もう十話ですからね。そろそろクライマックスに入る頃合いでしょう。




























<第10話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>