×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


侵略!イカ娘 第10話「てるてる坊主じゃなイカ?/好かれなイカ?/野球しなイカ?」


 侵略!イカ娘 第10話「てるてる坊主じゃなイカ?/好かれなイカ?/野球しなイカ?」の感想です。

 「早苗・オブ・ザ・デッドかよ!?」にふいた。

 てるてる坊主じゃなイカ?
 たけるの宿題を手伝ったり、てるてる坊主を作ったりする話。イカ娘が描いた絵のインパクトがもの凄かったですね。各人に対してのイメージをそのまま絵にしたとのことですが、栄子はメカ、千鶴は鬼、早苗とシンディはゾンビというひどい有様でした。
 あと、てるてる坊主に扮するイカ娘で和ませておいて最後の“アレ”でドン引きさせるとは。さすがイカ娘……侮れませんね。

 好かれなイカ?
 早苗がもうダメな回。イカ娘と普通に接するべく、早苗が“イカ娘断ち”をするという内容なのですが、「どこの麻薬中毒患者だよ!?」って突っ込まずにはいられないくらい早苗がアブナイ人になっていましたね。
 早苗が壊れてしまうんじゃないか?とハラハラさせられる内容でしたが、オチはいつも通りで安心しました。
 
 野球しなイカ?
 清美の部活の助っ人として、イカ娘が野球をするといった内容。
 触手を使って打ったり捕ったりするイカちゃん。触手の便利さは異常ですね。芸術、スポーツ、日常生活と何でもこなせるチートっぷりです。“ただし侵略を除く”という欠点が致命的ですがw
 イカ娘の満塁ホームランで逆転勝利と、今回は実に王道な展開でしたね。普通に普通すぎて何も語ることがないくらいに普通でした。

 イカ娘も残り2話。
 もうすぐ終わってしまうとなると、寂しいものがありますね。


















<第11話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>