×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


戦国BASARA弐 第08話「友垣との哀しき再会 猛執刻まれし日の記憶!」


 戦国BASARA弐 第08話「友垣との哀しき再会 猛執刻まれし日の記憶!」の感想です。

 慶次と幸村のテンションが下がる一方な件。
 祝!アニキ復活!

 前田家当主となった慶次と、秀吉の話し合いの場面からスタート。
 慶次と秀吉の過去は小出しにはするものの、中々全容を明らかにしませんね。“ねね”という女性の死が関係しているようですが……一体、何があったのでしょうか?

 幸村は当初の予定通り、島津義弘率いる薩摩の軍勢と協力関係を築くことに。
 瀬戸内海の戦からこっち、幸村のテンションが全然上がりませんね。正直、周囲の面子が島津の爺さんと宮本武蔵では現状を打開できる気がしないのですが。
 島津との会話の際、幸村は毛利元就に興味を示していましたが……会いにでも行くのでしょうか?
 
 大阪の街で偶然、松永秀久と遭遇する慶次。
 腕試しで松永に喧嘩を売ったのはいいが返り討ちにされてしまい、それがきっかけで秀吉は力を求めるようになった。という認識であっているのでしょうか?
 まさか、これだけじゃないですよね? まだねねの話もありますし。秀吉が力を求めるに至った理由が他にもあるに違いありません。……そう信じたいものです。

 尾張へと辿り付いた伊達軍を襲撃する謎の一団。
 長宗我部元親が早々に復活。もっと引っ張るかと思いきや、意外と早かったですね。次回は政宗と元親が戦うようです。
 何だか……意気投合して一緒に大阪に攻め入りそうな予感がしてなりませんね。






















<第09話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>