×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


戦国BASARA弐 第11話「覇走豊臣大本隊!本気の慶次、断腸の抜刀!!」


 戦国BASARA弐 第11話「覇走豊臣大本隊!本気の慶次、断腸の抜刀!!」の感想です。

 ソーラーレイの開発者は毛利元就だそうです。
 
 秀吉、半兵衛の留守を狙って大阪城へ潜入する佐助とかすが。捕らわれの小十郎を救出した後、半兵衛が残していった絵図をもとに豊臣の軍略を探っている最中、刀を盗み出すために忍び込んでいた風魔小太郎と遭遇。
 風魔小太郎の演出がちょっとしたホラーだった件。冷静に考えると、風魔小太郎が作中で一番、忍者らしい忍者ですね。
 小十郎の救出があっさりだったのが意外というか、政宗が大阪城に乗り込んでいって救出するっていう展開を予想していただけに、ちょっと拍子抜けしてしまいました。

 脱出してきた小十郎の報せを受け、長宗我部軍は部下の救出のために大阪城へ。伊達軍は秀吉と半兵衛の両方を追うために部隊を分けることに。
 風魔小太郎が盗んできた刀を手に入れるや否や、すごすごと去っていく松永久秀。伊達と長宗我部の足止めだけで出番が終わってしまいましたね。まぁ、こんなものですかね。
 半兵衛の相手するのは小十郎ですか。1期もそうでしたが、製作側からの小十郎プッシュを感じますね。何だか、幸村よりも優遇されているような気がしてなりません。
 
 大阪へと進軍する毛利の移動要塞“日輪”。
 毛利元就最強説浮上w 半兵衛の仕掛けた罠をあっさりと看破し、更には逆に利用させてもらった発言。そしてとどめのソーラーレイと、まさにやりたい放題。
 このところシリアスな展開が続いていたせいでなりを潜めていた戦国BASARAらしい演出が見られて楽しかったです。
 
 小田原へと視点を移し、慶次と秀吉の場面へ。刀を捨て、身を呈して豊臣の進軍を止めようとする慶次。結果は言うに及ばず。
 慶次はどうにも冴えませんね。精神的にも肉体的にもフルボッコにされてばかりなような気がします。まぁ、慶次の立ち位置的に仕方のないことですね。
 政宗が秀吉と戦うのはいいとして、慶次はどうなるのでしょうね? もう一回くらい見せ場がありそうな気もしますが……政宗が秀吉を倒してしまいそうなのがなぁw

 小十郎と半兵衛、政宗と秀吉がそれぞれ対峙したところで次回へ続く。
 幸村は……毛利を止める? どうにも冴えない役回りのような気もしますが……まだどうなるかわからない、ということで。次回に期待するとしましょう。





<第12話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>