×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ささめきこと 第10話「ハプニング・イン・サマー」


 ささめきこと 第10話「ハプニング・イン・サマー」の感想です。

 あずさの浮き沈みが激しすぎて見ていてアレな気分に……
 さすがに二話連続はきついです。

 純夏とあずさの同人誌作りの話と平行しつつ、汐達女子部の合宿の話といった構成。
 タイトルにある通りどちらもハプニングに振り回されて、てんやわんやといった回でしたね。

 純夏達の方は最初はギャグで始まり、最後はシリアスで締めるといった展開でした。
 前回に引き続いて、あずさの描写が痛々しいのが微妙ですね。何だか、純夏を引き立てるために損な役回りを押し付けられているような気がしてしまいます。
 メインキャラ並の扱いをしろ、とは言いませんが、負の面を押し付けるだけで終わらせてしまうのはあまりに不憫すぎるかと。

 汐達女子部の方は出オチ?
 初っ端のローテンションな三人と車が爆発したシーンがクライマックスでした。

 あとは、Cパートが地味に面白かったです。
 俗に言う“お約束”というやつですねw




























<第11話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>