×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


おとめ妖怪ざくろ 第09話「さち、恋々と」


 おとめ妖怪ざくろ 第09話「さち、恋々と」の感想です。

 仮面の男の正体は? ……バレバレだよなぁ。
 
 “こっくりさん”で色恋を占うと現れる謎の霊。花楯中尉の依頼により、件の霊の調査をすることになった西王母桃(以下ざくろ)達は“こっくりさん”を実際に行ってみることに。
 恋愛がテーマの回。前回で良い雰囲気だったざくろと総角。このまま一気に――とは行かず、当分の間は花楯中尉を交えての三角関係が続きそうですね。
 
 謎の霊の正体は妖人ではなく、色恋沙汰に悩む女性達の想いが形を為したものとのこと。
 久しぶりに歌ありでの戦闘でしたが、肩透かしもいいところでしたね。
 ざくろの刃が通じない“こっくりさん”にどう対処するか?という問題の解決方法には思わず笑ってしまいました。“目の前で恋が成就したところを見せつけてやればいい”って、アバウトな解決方法だなぁwと。

 “こっくりさん”を前に、ざくろと花楯中尉がお互いのことを好きだと表明し合って一件落着。
 いくら“こっくりさん”を成仏させるための芝居だとはいえ、総角さんの立つ瀬がない件。ざくろ達に背を向けて佇む後姿に哀愁が漂っていましたね。この一件がどう展開していくか……花楯中尉の正体も含めて楽しみですね。

 次回はお祭りの話。そんなペースで大丈夫か?


























<第10話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>