×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


おとめ妖怪ざくろ 第11話「ふれて、殻々と」


 おとめ妖怪ざくろ 第11話「ふれて、殻々と」の感想です。

 過去編。またの名をスーパー説明タイム。
 随分と重い展開だなぁ、別のアニメを観ているような気分だった。

 今回は西王母桃(以下ざくろ)の母親、突羽根の話。ざくろと沢鷹の関係、神がかりの里について、そして現在に至る経緯と、最初から最後まで説明が続く回でした。
 それにしても突羽根の過去は何だか昼ドラ、でなければ少女漫画のようでしたね。ざくろの父親との出会いの場面がコメディちっくに描かれていただけに、最期の凄惨さが際立っていました。
 
 個人的に感心したのは、ざくろと沢鷹の関係、神がかりの里がざくろを狙う理由、半妖の出自など、ひとつひとつの要素が他の要素を補完する役割を担っている点ですね。
 今回で今まで謎だった点の殆どに納得のいく説明がなされたのではないでしょうか? あとは沢鷹の真意がどこにあるのか?ぐらいですが、その辺りも次回で明かされそうです。

 ざくろとの婚姻の儀式を進める沢鷹、神がかりの里へと急ぐ総角達、そして何やら不穏な動きを見せる乱杭と橙――と、いよいよクライマックス。先の展開が気になりますね。




























<第12話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>