×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


魔法少女まどか☆マギカ 第09話「そんなの、あたしが許さない」


 魔法少女まどか☆マギカ 第09話「そんなの、あたしが許さない」の感想です。

 杏子の株がストップ高。

 魔女と化したさやかを救うべく、杏子はまどかに協力を仰ぐ。親友のまどかが呼びかければ、もしかしたらさやかは応えてくれるかもしれない、と。
 さやかに自らの過去の面影を垣間見たが故に、杏子はどれだけ望みが薄くても彼女を救おうとしたといったところでしょうか。
 魔法少女が辿る悲惨な結末に直面しつつも、なおも希望を捨てない杏子。そしてそれすらをも踏みにじる非情な現実。救われないにも程がありますね。
 
 さやかのなれの果てである魔女と対面した二人。まどかが必死で呼びかけるも声は届かず、杏子は自らの身を犠牲にしてさやかと共に散ることを選ぶ。
 杏子がさやかに自らの過去を語った時から、こうなる事は必然でしたね。概ねの予想通りの展開でしたが、それでも杏子の最期には目を見張るものがありました。
 絵になるカットが多かったですね。杏子が自らのソウルジェムを投げ捨てるシーンと、祈るような格好が印象的でした。
 
 ほむらとキュウべぇの会話。
 杏子が退場した事により、ワルプルギスの夜から街を守るにはまどかが魔法少女にならなければならない。
 もうすっかり化けの皮がはがれてしまったキュウべぇさん。言動も開き直ってきましたね。
 今回でキュウべぇの目的が明らかになりましたが、まさか宇宙規模のスケールの話になるとは。まどかとワルプルギスの夜を戦わせて、それにより発生する膨大なエネルギーを回収するのが狙いのようですが、それに対してほむらはどう動くのか?

 未だ詳細が不明なワルプルギスの夜、ほむらの真意、そしてまどかの運命は?
 終盤に差し掛かってますます目が離せなくなってきました。期待が高まる一方ですね。

魔法少女まどか☆マギカ 5(完全生産限定版) [Blu-ray]
魔法少女まどか☆マギカ 5(完全生産限定版) [Blu-ray]


魔法少女まどか☆マギカ 6 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
魔法少女まどか☆マギカ 6 【完全生産限定版】 [Blu-ray]









<第10話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>