×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


レベルE 第08話「You're my darling!」


 レベルE 第08話「You're my darling!」の感想です。

公式サイトより
“異種食い”の異名を持つ放浪生物「マクバク族」。
種族全体が“メス”のみで構成され、交配期に入ると別種族の“オス”と結婚し、子供を生む。しかし、彼女等に選ばれた種族は、数世代以内に必ず絶滅してしまうのだ。
ある日クラフト達の元に、マクバク族の「サキ王女」が地球視察に来る、との一報が入る。
「まさか婿探しでは?」何事もなく帰ってもらおうとするクラフト達だが、サキ王女は地球人「ミキヒサ」と、両方一目惚れという衝撃的な出会いをしてしまう。
2人が結ばれる事、それは人類の滅亡を意味する。
地球をすくうため、2人の恋を阻止しようとするクラフト達・・・。
人類の存亡をかけた究極のロマンスの結末はいかに・・・・・・。
レベルE随一の異色ラブストーリーが幕を開ける。


 コリンが役に立たないにも程がある。

 サキ王女とミキヒサの一目惚れからの逃亡劇、そして最後にミキヒサの正体が明らかに――と今回は前後編の前編といった感じの内容でしたね。
 
 原作で読んだことのあるエピソードだと記憶しているのですが、内容をすっかり忘れていたおかげでミキヒサが実は女性だったというオチには驚きました。
 ベッドイン直前までいっておきながら彼女に振られた事から、何らかの事情があるだろうとは踏んでいましたが、なるほどそういう訳でしたか。
 ミキヒサ役の声優が女性だった事に違和感を感じておきながら、オチに気が付けなかったのは少し口惜しいですね。

 サキ王女とマクバク族に関しては次回からが本番ですね。
 運命の相手と結ばれる為だったらどんな障害も排除するといった過激な種族なだけに、ミキヒサが女性だと知ってどんな行動に出るかが気掛かりです。
 予告を見る限りではこのまま大人しく引き下がりはしないようですが、果たして。













<第09話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>