×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

刀語 第06話「双刀・鎚」


 刀語 第06話「双刀・鎚」の感想です。

 こなゆきかわいいよ、こなゆき。
 飛花落葉の説明がないと何が起きたのかわからない気がする。

 とがめと七花の刀集めも折り返し地点となる六本目。鎧を収集した時点で一度は尾張へと戻る手筈でしたが、前回の対戦相手、校倉必のささやかな意趣返しにより、二人は期せずして双刀・鎚の所在地である蝦夷へと送られてしまうことに。
 
 幼女キタコレ! 今回の対戦相手は双刀・金鎚を代々守護してきた一族の生き残り『凍空こなゆき』。素人ながらの先が読めない動きと異常なまでの怪力で七花を翻弄します。
 ここで七花が初めて負傷&敗北を喫してしまうことに。
 素人同然の少女相手に腕を折られた挙句に敗北と、王道を外してくる展開は実に西尾維新らしいのですが、これはさすがに予想できませんでしたね。
 
 真庭忍軍の頭領が揃い踏み。すっかり噛ませ犬として定着してしまった“まにわに”ですが、実質的な指導者である頭領の一人、真庭鳳凰には底知れないものを感じますね。
 刀集めに適した忍術を持つ仲間をあっさりと殺して見せたところにも、作為的なものを感じずにはいられません。
 彼もいずれは刀集めに絡んでくると見るべきでしょうか?

 今回の対戦相手は相手の身体に憑依する忍法を使い、こなゆきの身体を乗っ取った真庭忍軍の頭領、真庭狂犬。
 ……まぁ、何です。素人だから先が読めずに苦戦した、というのは良くあることです。確か、第01話の時にも同じようなことがありましたね。
 結局、真庭=噛ませという図式が覆るどころか、より一層のイメージダウンにしかならないままに決着が付いてしまいました。
 
 次回はいよいよ七花と七実の姉弟対決。
 締めのナレーションに盛大なネタバレを食らったような気もしますが……楽しみにして待つとしましょう。












<第07話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>