×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

刀語 第04話「薄刀・針」


 刀語 第04話「薄刀・針」の感想です。

 これぞ西尾維新の真骨頂!
 予告の気合の入れようが嘘みたいだ。

公式サイトより
最強 VS 無刀

蒐集対象である薄刀・針を所有するのは、かつてその回収をとがめから命じられながらも、刀の魅力に取り憑かれ彼女を裏切った日本最強の剣士・錆白兵。
七花は、薄刀・針の蒐集の為、錆白兵と巌流島で決闘することとなる。


 原作のオチに大爆笑した第04話。当然、アニメも同様の展開でした。むしろアニメの方が事前の仕込みが周到と言ってもいいくらいですね。
 次回予告なんて“いかにも”ですし。
 本作は一発ネタ的な意味合いが強いので、出来ることなら事前情報なしで視聴してもらいたいところです。

 さて。ネタバレなしだと何も書くことがありませんね。
 伝わらないことを承知でぼかして書くなら、原作既読の身でも楽しめる内容でした。
 特に演出と声優の方の演技が素晴らしかったです。今回の話でメインを務める人物が抱える“危うさ”が充分すぎる程に伝わってくるような演出、演技でした。

 次回は「賊刀・鎧」。
 もう刀じゃないですよね……って、ツッコんだら負けなんでしょうけれど。
























<第05話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>