×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


かなめも 第11話「はじめての、看病」


 かなめも 第11話「はじめての、看病」の感想です。

 タイトルに看病とあるとおり、風新新聞の皆が次々に風邪を引いてしまうというお話でした。
 しかし、話の骨子が前回とまったく同じ構成なのはいかがなものかと……

 ゆめとゆうきを発端にして何らか事件を起こし、それに対して右往左往するかなと、反対に事態に静観を決め込んで動こうとしないひなたとはるか。
 で、ラストに落ち込んでいるかなを励ます役として代理(前回では美華)を持ってくる。
 といった具合に2話連続で同じパターンでしたね。手抜きではないのでしょうけれど、キャラクターの役割に固執している感じがします。
 この辺りが「かなめも」の欠点ですね。キャラクターも話の内容も悪くはないのですが、“行動”に変化がないせいで、どの話もさして変わり映えのしない印象を受けてしまいます。

 という訳で、前回と同じで“次回に続く”的な感じのラストでした。
 あー、あと美華の出番がなかったですね。どうやら、かなめもの世界では代理と美華の共存は難しいようです。(“内と外”だから仕方がないか……)































<第12話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>