×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


IS<インフィニット・ストラトス> 第11話「ゲット・レディ」


 IS<インフィニット・ストラトス> 第11話「ゲット・レディ」の感想です。

 箒に何か期待した俺が馬鹿だったのか?
 今回はいつになくシリアスな内容だった。

 作戦の内容は紅椿が白式を乗せてシルバリオ・ゴスペル(福音)に接敵し、白式の全力攻撃で相手を撃破するというもの。
 てっきり一夏と箒以外の面子はサポートに回るのかと思っていたのですが、まさか作戦室で見物とは。
 作戦前に箒が浮かれている時点で、失敗フラグが立っていましたね。
 
 作戦開始。一夏と箒による一撃必殺は失敗。そのまま通常戦闘へ移行する。
 だが、戦闘中に一夏は海域に密漁船が残っていることを発見。福音の撃破を優先する箒と、密漁船を守ろうとする一夏の間で意見が分かれてしまう。
 一夏に諭され、自分が手にした力に溺れていたことに気付く箒。茫然自失の状態となった彼女を福音の攻撃から身を呈して守ったことにより一夏が負傷してしまう。
 作戦は失敗に終わるだろうとは思っていましたが、一夏、箒ともに悪い印象が残る結果となってしまいましたね。
 一夏はまだ“守りたい”という信念あっての行動なのでマシな方ですが、箒がちょっと……という感じでした。学年別トーナメントの際に自分で自分を戒めておきながらこの様は不甲斐ないかと。
 
 負傷により意識不明に陥った一夏。自分を責めて塞ぎ込む箒に対して、鈴は厳しい言葉をかける。
 鈴の言葉と、セシリア達四人が命令を無視して福音と戦おうとしていることを知って、箒は自分も共に戦うことを決意する。
 一夏、箒との戦闘の後に福音が動きを止めていることに違和感というか、作為的なものを感じますね。暴走って言ってるくせして、明らかに学園側のISと戦うことが目的だろう――と。
 次回はいよいよ総力戦。全員揃っての戦闘(当然、一夏も駆けつけますよね?)だけに、今からもう楽しみで仕方ありません。


IS <インフィニット・ストラトス> 第5巻 [Blu-ray] IS <インフィニット・ストラトス> 第5巻 [Blu-ray]

IS <インフィニット・ストラトス> 第6巻 [Blu-ray] IS <インフィニット・ストラトス> 第6巻 [Blu-ray]


<第12話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>