×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第11話「6月5日 マッチ棒の謎/2月16日 48.5cm」


 ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第11話「6月5日 マッチ棒の謎/2月16日 48.5cm」の感想です。

 なずな、出番少ないよなずな。
 マッチ棒の謎はよくあるクイズだよねー。

 Aパートはゆの、宮子、なずなの三人が乃莉の部屋でパソコンを体験するという内容。最終回目前にして、ようやく乃利のターンが回って来ました。
 パソコンを相手に相変わらずの天然ボケをかますゆのっちが面白かったです。“過去封印”フォルダを開こうとするのはさすがにひどい。
 わからない人に(電源を)落とすって言ったら、そりゃあ物理的に落下を想像しますよね。

 Bパートは三年生の卒業自主制作の話。卒業がテーマということでちょっとしんみりした内容でした。
 以前、ゆのが学校に携帯を忘れた際に出会った三年生「有沢先輩」が再び登場。ここでゆのとメールアドレスを交換していたようです。

 そう言えば、今回のラストが3月7日なので、これで第01話のAパート「2月27日〜3月4日 真っ赤点」に追いつきました。
 ほんの少し前にゆのが赤点を取って補習を受けていたと考えると、なんだか面白いですね。

 ひだまりスケッチ×☆☆☆も次回で最終話。
 一体、最後はどんな話をやるのでしょうか?


























<第12話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>