×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


GIANT KILLING 第25話「#25」


 GIANT KILLING 第25話「#25」の感想です。

 大阪戦決着。世良はまだしも、杉江が決めるとは。

 大阪の首尾の要、平賀のファウルによりフリーキックの機会を得たETU。ジーノが蹴ったボールを杉江が頭で押し込んで2−2の同点に追いつきます。
 ここで杉江が決めたのには驚きましたね。DFだから滅多なことでは得点に絡まないだろうと思っていただけに、セットプレーは盲点でした。
 前半、窪田に翻弄されて散々だった分、こうして土壇場になって活躍するのは良いですね。
 それで、FWの皆さんはいつになったらry
 
 平賀のファウルをきっかけに自らのポリシーを捨て、引き分け狙いの戦術を選ぶダルファー。試合は攻めるETUと守る大阪と、前半とはまったく逆の展開に。
 達海がターゲットにしたのは窪田でも平賀でもなく、ダルファー監督のベンチワークだったと。ここまでくると達海すげー!としか言いようがありませんね。

 試合はロスタイムに突入。大阪のゴール前での激しい攻防の末、最後は世良が頭でこぼれ球を押し込んで決着。強豪大阪を相手にETUが大金星を上げる結果となりました。
 ようやくFWが活躍した! 達海の「磨いて輝かないものなんてない」という台詞からの一連の流れは見ていて胸が熱くなる展開でした。
 最後の1点を達海の作戦ではなく、選手達の頑張りで取ったことが大きいですね。藤沢さんの台詞にもありましたが、ETUが強くなってきているということを実感できるようなラストでした。

 次回で最終回。
 地元の人達と一緒にカレーを作って、食べるみたいな話のようですが……
 俺達の戦いはこれからだ、という締め方になりそうですね。

















<第26話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>