×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


GIANT KILLING 第24話「#24」


 GIANT KILLING 第24話「#24」の感想です。

 これまでの伏線が明らかに!
 あとは最後までETUのターンだろ。
 
 前回の続きから。大阪のキーパーの注意が夏木に向いたその隙を付いて、赤崎がシュート。後半20分にしてようやくETUが1点を返すことに成功しました。
 夏木がゴールを決めるかと思いきや、赤崎のゴールの手助けをしただけで終わりですか。FW陣の活躍は一体いつになったら見られるのやら……

 大阪はスタミナ切れの窪田を交代。FWの数が減った分、人数をかけずに速いプレーで点を取ろうとしますが、黒田と杉江のDFに阻まれて得点ならず。
 「クロには人をイラつかせる才能がある」と、達海の黒田に対する評価が何気にひどい。
 後半はハウアー、窪田と前半にやられた相手に一矢報いる展開になっているのが印象的ですね。3点目を取られることはないと考えるなら、これで大阪の攻撃は終了といったところでしょうか。

 ジーノの中途半端なパスの種明かし。
 前半からずっとジーノが中途半端なところにパスを出していた理由は“守備範囲の広い大阪のDF、平賀を椿と競わせることにより、ペース配分を狂わせてスタミナを奪う”という作戦だったとのこと。
 平賀を交代させられない理由までしっかりと描写されていたのは見事ですね。
 ダルファーが平賀のスタミナ切れに気付いていながら、彼を交代させるかどうか迷っているというのも、選手だけでなく監督同士の戦いという側面が描かれていて面白いと感心しました。

 椿に抜かれそうになったところを、平賀がファウルで強引に止めたところで次回へ続く。
 前回といい、本当に良いところで引っ張りますね。残り2話でETUがどう逆転するのか。続きが気になって仕方がありません。
















<第25話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>