×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


GIANT KILLING 第23話「#23」


 GIANT KILLING 第23話「#23」の感想です。

 夏木の脳内イメージにふいたww

 後半になってようやく相手の攻撃に対応する余裕が出来てきたETU。そろそろ得点を――と攻めに回りますが、FWの夏木の調子がイマイチ。イージーミスを連発してせっかくのチャンスの芽を潰してしまいます。
 夏木の不調の原因は達海による「お前にはFWとしての決心が足りない」の一言。
 不調に関しては意外と軽い話でしたね。ぶっちゃけると、ただの夏木の勘違いなのでは……

 3点目を取って、試合を決めようとする大阪陣。
 ここでも窪田が活躍するか? と見せかけておいてのパスカット。前半で窪田はスタミナに難があると語っていたとおり、足に来ている描写がありましたね。
 窪田を序盤のうちに疲れさせて、後半でベンチに下がってもらおうという達海の作戦でしょうか? そうすればセカンドボールの奪取率が下がって、攻める機会も増えますしね。

 椿のパスカットから一気に攻めに転じるETU。
 ここで1点取れなかったら詐欺だろうと言わんばかりの熱い展開。夏木の長いモノローグがちょっとテンポが悪かったですが、その後のシュートのシーンが格好良かったのでトントンで。
 こぼれ球を赤崎が拾い、シュートしたところで次回へ続く。今回で1点返すかと思いきや、次回までお預けですか。
 ETUの逆襲が始まって楽しくなってきただけに、次回が待ち遠しいですね。























<第24話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>