×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


GIANT KILLING 第22話「#22」


 GIANT KILLING 第22話「#22」の感想です。

 ETU対大阪。前半が終わりハーフタイムへ。
 チームメイトが見守る中、杉江に食って掛かる黒田。最後に「お前ら俺達を殴れ」とギャグっぽくオチを付けていましたが、黒田の試合にかける意気込みや相棒の杉江を奮い立たせようとする気配りが伝わってきて好印象でした。
 
 選手達を前に、0−2からETUが逆転したら面白くなると言う達海。
 2点のリードを追う展開ながらも、達海はETUの選手達の働きを評価し、ここからでも逆転出来ると信じているようですね。
 具体的な説明が一切なく、試合を楽しんでいるかどうか? という話だけで終わってしまっているので、何だか精神論で物を言っているような感じがして微妙だったのですが、その辺りの話は後半になって達海が仕掛けが明らかになってからですね。
 
 後半開始。まずは前半同様、黒田とハウアーの対決から。
 黒田は本当に良い仕事をしますね。しかも達海が言うには「まだまだこんなものじゃない」とのこと。これからもっと活躍するというフラグでしょうか? 楽しみですね。
 前半は窪田にいいように翻弄されていた杉江も黒田の言葉をきっかけに吹っ切れた様子。セカンドボールを拾わせずに、大阪の攻撃を単発で止めることに成功します。
 
 ようやく攻める余裕が出てきたETU。前線にボールを回しますが、FWの夏木がせっかくのチャンスをふいにしてしまいます。
 視野の広いフォワードになるとか、いきなり何を言い出しているんでしょうねこの人は……思い起こしてみれば夏木は試合前の円陣を組むシーンでも挙動不審な様子でした。
 どうやら達海から言われた「FWとしての覚悟が足りない」という言葉が原因のようですが、残念なことにここで時間切れ。

 次回は夏木がメイン。この調子だと、点を取るのは夏木でしょうかね?












<第23話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>