×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


GIANT KILLING 第21話「#21」


 GIANT KILLING 第21話「#21」の感想です。

 ハウアーのゴールにより1点を先制した大阪。
 大阪はダルファーとソノダがギャグ担当? ハウアーがゴールを決めた後の寸劇が何気に面白かったです。
 そして予感的中とばかりに赤崎に嫌味を言われるSBふたり。……まぁ、この辺りはフラグを回収したのでしょう。いつか清川は今回のミスを帳消しにするような活躍をしてくれるに違いありません。アニメはこの試合で終わりそうですけどw

 まだまだ続く大阪の攻撃。
 今回は完全に窪田のターンでした。セカンドボールの奪取率が高いという才能は地味ながら凄いことですね。達海、ブランともに彼を高く評価していることも頷けます。
 そして一列下からのパス回しが主な仕事と見せかけてのあのゴール。窪田本人のモノローグが入るという演出は面白いですね。これはヤバイという感じがひしひしと伝わってくるような見せ方でした。

 0−2で前半終了。次回へ続く。
 後半だけで3点ですか……ここからETUの巻き返しが始まるとしても、結構厳しいですね。
 一応、ETUもジーノのパスや杉江を窪田にあてた理由など、逆転の布石っぽいものを窺わせてはいますし、後半になれば何らかの動きを見せてくれるはず。
 後半でゴールを決めるとしたら誰でしょうね? FW陣の話をやった以上、世良か夏木のどちらかが1点は取りそうですね。あとは椿、赤碕あたりでしょうか?


























<第22話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>