×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


GIANT KILLING 第20話「#20」


 GIANT KILLING 第20話「#20」の感想です。

 ハゲVSオサレ外国人……何だこれ?

 大阪戦キックオフ。大阪のFW陣の猛攻に達海はマンマークで対抗します。
 マンマークは良いとして、ETUのCB二人がマークする選手が気になりますね。小柄なFWの窪田に長身の杉江を、大柄な外国人FWのハウアーに黒田をという、ミスマッチな布陣は何か意図があってのことでしょうか?
 黒田とハウアーが言葉の壁を越えて威嚇しあっている場面が面白かったですね。黒田は今回も賑やかし担当&選手としても良い仕事をしてくれそうな予感がします。
 
 大阪の猛攻を凌ぐETU。その様子を観戦する日本代表監督のブランは何やら大阪に気になる選手がいるようですが……
 ブランの「大阪の彼」が誰を指しているのか、気になるところですね。順当に考えるなら、窪田でしょうかね。達海もわざわざ杉江をマークにつけていますし。
 セカンドボールを良いタイミングで拾ったり、杉江を翻弄している様子から見るに、窪田が大阪の攻撃の要というオチもありそうです。

 SBの清川が片山に抜かれたことがきっかけでディフェンスが崩れてしまい、最後はハウアーに頭で押し込まれてフィニッシュ。大阪に先制されてしまいます。
 清川ェ……まぁ、最初から片山にしてやられるフラグが立っていましたしね。この展開はある意味仕方ありません。
 だが黒田、お前はダメだ。ハウアー相手に調子に乗っておきながらゴールを決められるとは……Aパートで期待させておいてこれだよorz
 
 次回予告を見るに、まだまだ大阪の攻撃が続きそうです。
 来週は窪田のターンっぽいですね。


















<第21話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>