×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


GIANT KILLING 第19話「#19」


 GIANT KILLING 第19話「#19」の感想です。

 対大阪戦の作戦を選手達に説明する達海。
 作戦の詳しい内容は試合が始まるまでお預けのようです。この辺りは物語的な都合という奴ですね。相手のFW4人に対してこっちもDF4人とのことですが……赤崎の言う通り、SBの二人が不安ですね。清川と石浜のターンはいつ来るのか?

 試合開始前に言葉を交わす達海とダルファー。
 ダルファーはいかにも強豪チームの監督といった感じで風格がありますね。自分のスタイルである攻撃的なサッカーに誇りをもっている様子が前回、今回のミーティングの場面から窺えます。
 対する達海は自信満々なダルファーの姿に“安心した”とのこと。思わず、某漫画の“計画どおり”を思い出してしまいました。

 いよいよ試合開始、というところで次回へ続く。
 今回はETU側の選手紹介が入りましたね。電光掲示板に選手が表示されるのに合わせて、サポーターが名前を叫んだり、旗を振ったりするのは、見ているこっちもテンションが上がる良い演出でした。

 次回はいよいよ試合開始。
 まずは大阪のFW陣に、ETU側がどう対するかといったところですかね?




























<第20話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>