×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


GIANT KILLING 第11話「#11」


 GIANT KILLING 第11話「#11」の感想です。

 ドミンゴw なんて笑ってたら、地味に大事な話だった。

 前回に引き続きETU対名古屋グランパレスの試合。
 名古屋の猛攻が続く中、ETUはチーム一丸となってゴールを守ります。とは言え、名古屋もFWのぺぺ、板垣を抑えられているせいか、惜しいところまではいっても得点には至らないといった感じですね。

 前半戦の終盤、ゼウベルトが村越を抜き、杉江を引き付けてぺぺにシュートを打たせますが、最終ラインまで下がって来た椿がこれを頭でブロック。あわやオウンゴールという危ない状況でしたが、何とか0−0で折り返すことに成功します。
 今回の椿のプレーや、フリーライターの藤澤さんのモノローグに鑑みるに、ETUは前半は守りを固めるという作戦のようですね。相手の消耗、もしくはカウンター狙いでしょうか?
 ハーフタイムでの達海の台詞から察するに、開始前の時点で選手達に作戦は通達してあるようなので、ETUの狙いがわかるのはどうやら後半に入ってからのようです。
 
 いよいよ後半開始。
 相変わらず、攻める名古屋、守るETUという状況ですが、達海の余裕の表情を見るにこれも作戦のうちといった感じのようです。
 今回は椿のプレーが光っていますね。東京ヴィクトリー戦の時もそうでしたが、相手が強ければ強いほど真価を発揮するタイプの選手なのでしょうか?

 次回も名古屋戦。そう言えば、ブラジルトリオはゼウベルトばかりが活躍していて、ぺぺ、カルロスの二人は大人しいですね。
 ETUの作戦もそうですが、名古屋にもまだ奥の手がありそうです。



















<第12話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>