×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


フラクタル 第10話「僧院へ」


 フラクタル 第10話「僧院へ」の感想です。

 どいつもこいつもロクな人間がいない。

 フリュネと祭司長との会話と、僧院へ乗り込もうとするクレイン・ネッサを平行して描く構成。
 最終話間近だけあって、全編とおして緊迫感が漂っていました。

 フリュネと祭司長の会話。
 フリュネを使ってフラクタルを再起動しようとする祭司長と、それを拒否するフリュネ。
 フリュネの“祭司長もフリュネだったのだから、自分の気持ちがわかる筈だ”という言葉をきっかけに、お互いに平行線の状態が崩れるかと思いきや――まさかあんなことになろうとは。
 祭司長はフリュネに同情していると思っていただけにショックでしたね。あらためてこのアニメにはロクな人間がいないことを思い知らされましたw
 
 僧院に乗り込むクレイン、ネッサ。
 スンダが無駄に格好よかった件。ここにきて彼の株が急上昇していますね。
 ディアスが愛とか言い出した時には思わず笑ってしまいました。やってることは相変わらずですけどね。
 敵対している僧院はともかく、ディアスとはどう決着を付けるのやら? フラクタルの再起動が失敗に終わる=フリュネかネッサが犠牲になるってことですしね。
 ネッサが消えかかっていることからして、彼女が犠牲になるのでしょうか?

 次回は最終回。
 登場人物や展開からハッピーエンドが想像できないのがアレですね。
 ネッサが死亡フラグを立てていなければ、彼女が何とかしてくれるかも? と希望を抱けたのですが……



















<第11話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>