×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


デュラララ!! 第20話「黄天當立」


 デュラララ!! 第20話「黄天當立」の感想です。

 遊馬崎の目が開いた!?
 そしてとうとう正体バレ。

 まずは正臣と門田達が露西亜ずしで食事を摂るシーンからスタート。
 かつて黄巾賊と敵対していたカラーギャング『ブルースクエア』の残党がダラーズに紛れ込んでいて、そいつらが切り裂き魔なのでは? と疑ってかかる正臣に対し、遊馬崎と狩沢がきつい言葉を浴びせます。
 初っ端から正臣の株が下がりまくる展開です。正臣の過去回想からこっち、彼の弱さを際立たせている感じがしますね。当然、何らかの狙いがあってのことでしょう。
 
 門田からダラーズのボスについて知っている人物のアドレスを渡された正臣。相手は言うまでもなく折原臨也。
 ……視聴者としては、臨也と会ったが最後、正臣がどん底に突き落とされてしまう予感しかしませんでした。
 言うまでもなく臨也に会いに行く正臣。そして、これまた言うまでもなくあっさりとダラーズのボスが帝人だとばらしてしまう臨也。中の人の演技も相まって、うざいことこの上ありませんでしたね。(注:褒め言葉です)
 
 正臣が「下手に動くな」と釘を刺しておいたにも関わらず、ダラーズのメンバーに襲撃をかける黄巾賊。ついには帝人達の学校の知り合いにまで被害が及んでしまいます。
 緊迫した状況の中、正臣は、杏里は、そして帝人はどう動くのか? というところで次回に続く。

























<第21話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>