×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


デュラララ!! 第18話「死生有命」


 デュラララ!! 第18話「死生有命」の感想です。

 ワゴン組が大活躍。ドタチンがイケメンすぎる。
 それに比べて正臣ときたら……相手が臨也だから仕方ないか。
 
 今回は正臣の過去話。彼と病院に入院している少女「三ヶ島沙樹」との出会い、折原臨也との確執、そして正臣が黄巾賊から抜ける原因となった事件が明らかになりました。
 
 正臣の過去に深く関わる二人の人物、沙樹と臨也。
 
 「だって臨也さんがそう言ってたもん」

 まるで教祖を崇めるかのように折原臨也を盲信している沙樹の姿は、見ていて背筋が寒くなりましたね。“あの事件”の後でも、変わらずに臨也に心酔しているところがますます怖ろしいです。
 沙樹が何故、あれほどまでに臨也に絶対の信頼を置いているのか?、正臣は彼女との関係にどう決着を付けるのかが気になるところです。
 
 そして地味に全編に渡って活躍している門田達ワゴン組。
 今回の話で彼らが元は黄巾賊と敵対していたカラーギャング「ブルースクエア」の一員だったことが判明しました。
 そのうち彼らがメインの話――は、さすがに無いでしょうね。このまま味のある脇役で終わりそうです。
 
 今回のラストで正臣が黄巾賊だということが杏里に知られてしまいましたが、これはお互いがお互いの正体を知るという流れでしょうか?





















<第19話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>