×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


デュラララ!! 第12話「有無相生」


 デュラララ!! 第12話「有無相生」の感想です。

 原作第一巻終了。
 臨也が好きな僕でも今回はさすがにウザヤと呼ばざるを得ない。

 原作第一巻の内容が終わりました。伏線らしい伏線は殆どが回収されて、登場人物の抱える事情にも一応は決着が付きました。

 今回は“歪んだ愛情”のオンパレード。矢霧誠二と“首に傷のある少女”、セルティを愛する新羅など、この作品には常識では推し量れないような連中ばかり出てきますね。まぁ、そこが面白いところなんですけれど。

 何だか今回で最終回でも良いような雰囲気でしたが、当然、アニメはまだまだ続きます。
 次は一体何を見せてくれるのか? 今からもう楽しみで仕方ありません。

 ――前言撤回。

 冷静に考えると、新エピソードなんだからまた一から伏線を張る作業に逆戻りですよね。
 次回からは気分を改めて、そんなに期待しないで視聴するとしましょう。





























<第13話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>