×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

DOG DAYS 第03話「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」


 DOG DAYS 第03話「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」の感想です。

 どっかで聞いたことある声ばかりだな、ホント。
 
 シンクとエクレールの二人で街を回りながらフロニャルドの世界についての説明。
 俗に言う説明パート。エクレールの口から戦を開催する目的や、運営システムについて語られました。集めた参加費用の振り分けなど、けっこう細かいところまで説明していましたが、物語を語る上で重要な意味でもあるのでしょうかね?

 ミルヒオーレの友人の少女「リコッタ」の助けを借りて、携帯電話でベッキーに連絡を取ることに。
 今回もベッキーの出番があって何より。
 一応、携帯電話で連絡を取ることはできるようなので、これからもベッキーと話をする機会がありそうですね。
 いっそのことベッキーもフロニャルドに召喚してしまえばいいのでは? と思わなくもないのですが……現状だとそういう展開もあるかもしれない、ぐらいですかね。

 ミルヒオーレの戦勝コンサートの前に風呂に入ることになったシンク。城内の大浴場へ向かうと、そこには入浴中のミルヒオーレの姿が。
 露骨なお色気描写キタ━(゚∀゚)━! いや、いいんですけどね。
 ミルヒオーレとレオンミシェリの間には何やら確執がある様子。この辺りの伏線はまぁ、追々語られることでしょう。
 となるとやはり、ビスコッティとガレットの戦が物語の主軸となるのでしょうか?
 
 レオンミシェリの弟「ガウル」の部下がミルヒオーレを攫い、シンクに挑戦状を叩きつけたところで次回に続く。
 次回もまた戦。ガウルが気になりますね。
 オープニングを見るに、シンクのライバルとなるキャラクターのようですが、はたして?

DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
DOG DAYS 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]


















<第04話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>