×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


化物語 第10話「なでこスネイク 其ノ貮」


 化物語 第10話「なでこスネイク 其ノ貮」の感想です。

 話は鬱い、作画は見るからに手抜きと二重苦な今回。
 とは言え、動きの少なさや作画の悪さをある程度は演出で誤魔化せるところが、シャフトの上手いところですね。

 さて、今回は「なでこスネイク」の解決編。
 途中まではいつも通りの展開――過去回想を挟んだ後に、怪異を祓うという流れでしたが、今回は結末の毛色が違いましたね。
 個人的には、敢えてああいった結末にした意味が気に掛かりますね。
 ただ救えなかった的な話がしたかっただけなのか、それとも「なでこスネイク」を境に暦の考え方や行動に変化が生じるのか?
 どうなるにせよ、次回以降に期待ですね。今までのパターンに鑑みるに、撫子の出番もこれで終わりという訳では無いでしょうし。

 作画やスク水など、余計なところに目が行きがちな今回ですが、肝心の話の流れに関しては良く出来ていたと思います。
 撫子が暦を慕う理由や、彼女が蛇切縄に憑かれた原因など、二話しか尺がない割には上手く纏まっていましたね。
 恒例のOPも悪くない出来でした。

 次回からはいよいよラストエピソード「つばさキャット」。
 弥が上にも期待が高まります。

























<第11話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>