×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


バカとテストと召喚獣 第12話「愛と勇気と俺たちの戦いはこれからだ!(仮)」


 バカとテストと召喚獣 第12話「愛と勇気と俺たちの戦いはこれからだ!(仮)」の感想です。

 ラストがダイナシすぎてふいた。
 あと、今回が最終回じゃなかったのねー。

 「バカテス」第12話。今回はAクラスとの試召戦争。

 同じ相手との再戦である以上、前回とは違った展開を用意してくるに違いない。そんな期待に応えてくれる内容でした。
 実力で勝る相手に対抗するには策を弄するより他ない。という訳でFクラスが作戦を駆使してAクラスを渡り合うという内容だったのですが、その“作戦”が良く出来ていましたね。

 中でも、これまで勝利したクラスとの間で設備の交換をしなかった理由が面白かったです。
 視聴していて思わず、なるほどと感心させられました。(と同時に模擬試召戦争なんて設定はどこから出てきたとツッコミを入れたのは他でもありません)

 試召戦争の結果に関しても悪くはないですね。
 ああいったダイナシなオチは嫌いじゃない、と言うのもありますが、何よりもここで勝利してしまったら“バカ”じゃなくなってしまいますからね。 妥当な決着だと思います。

 で――あと一話あるみたいですけれど、何をやるのでしょうか? 日常話? ラブコメ?



























<第13話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>