×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


バカとテストと召喚獣 第11話「宿敵と恋文と電撃作戦」


 バカとテストと召喚獣 第11話「宿敵と恋文と電撃作戦」の感想です。

 あれ? Bクラス戦、一話で終わり?

 「バカテス」第11話。Dクラスとの戦争から始まって、Bクラス戦決着まで。てっきりBクラス戦を最終回に持ってくるかと思っていただけに、今回は予想外でした。

 感想ですが、さすがに試召戦争二回は詰め込みすぎですね。盛り上がりどころである筈のBクラスとの戦争が割りとあっさりと終わってしまい、何だか拍子抜けしてしまいました。
 と言いますか、前回の明久と雄二の「試験召喚戦争をやる」という発言が、Bクラスに勝つためにではなく、最終的にはAクラスを倒す、という意味合いだったことに驚かされました。
 あの流れでBクラスが通過点にすぎないなんて、誰が予想できると言うのか……

 まぁ、それは置いておいて。
 次回のAクラスとの再戦をどう描くのかが気になりますね。
 前回と同じ流れでは芸がありませんし、かといってAクラスに勝利するだけの説得力のある展開を一話で見せるのは不可能でしょう。

 ……次回のサブタイトルが全てを物語っているような気もしますけれどね。



























<第12話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>