×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


バカとテストと召喚獣 第10話「模試と怪盗とラブレター」


 バカとテストと召喚獣 第10話「模試と怪盗とラブレター」の感想です。

 冒頭の姫路さんと明久のやり取りにふいた。
 そろそろクライマックスか……

 「バカテス」第10話。珍しく“次回に続く”というところで終了。今回の内容から察するに、どうやらBクラスとの試験召喚戦争がクライマックスになりそうです。

 視聴した感想ですが、内容は学校の金庫に忍び込んで大事な物を取り返す、という良くある類のものだったのですが、そこに至るまでの過程の巧みさとキャラクターの魅力のおかげで、充分に楽しめる出来でした。

 あと、特筆すべきは明久と雄二がBクラスに試験召喚戦争を仕掛けることを決意するシーンでしょうか。ベタながらも、男気溢れる行動はやはり格好良いですね。

 次回で意思統一と作戦会議、次々回で交戦〜決着といった感じでしょうか。個人的には(というか大方の予想でしょうが)、Bクラスとの戦争で明久の召喚獣が活躍しそうな予感がします。

 「バカテス」は割と安定していて、これといった不安要素が見当たらないのが強みですね。
 残りの話もギャグとシリアスを交えつつ、視聴者を楽しませてくれるに違いありません。



























<第11話の感想へ> <タイトルに戻る> <サイトTOPに戻る>